最簡単|iPhoneのバッテリー情報を確認する方法

iPhoneを使い続けると、そのバッテリーが劣化していきます。iPhoneのバッテリーが減ると、動作の速さにも莫大な悪影響をもたらすこともよくあります。それでは、お手持ちのiPhoneのバッテリーの状況はどうなるかを確認するには、どうしたらいいですか?

今回では、iPhone本体でバッテリーの情報を確認する方法をみなさんに紹介します。iPhoneのバッテリーの健康状態、本来の最大容量、現在の容量、充電回数などを確認したい方は、次の内容を読み続けてください。

なぜiPhoneのバッテリー情報を確認しますか?

iPhoneを使っている場合、多くの方は、日常使用中によくバッテリーの状態を確認する必要がないと思われていますが、本文で推奨しているわざわざiPhoneのバッテリー情報を確認する理由とはなんでしょうか?

1. iPhoneのバッテリー状態はパフォーマンスに繋がっている

みなさんも他の友達から「iPhoneの動作が非常に遅くなったな」という文句をよく耳にしたことがありますよね。ネットワークでiPhoneの動作が遅くなった原因及び対策をいろいろ検索しても、なかなか修復できなかった場合が多くあります。実際には、iPhoneのバッテリーの状況が悪くなったら、iPhoneのパフォーマンスに莫大な悪影響を出すことがあります。それゆえに、iPhoneの動作が遅くなったときに、一番先に確認する必要があるのは、バッテリーの状態になるのでしょう。

2. iPhoneのバッテリー劣化は無償交換サービスに繋がっている

Apple社は、iPhoneのユーザーにバッテリーの無償交換サービスを提供していることを知っていますか?実際には、バッテリーの残量は、80%以下になると、無償交換の対象になる可能性があります。これも、よくiPhoneのバッテリー情報を確認する理由の1つになるかなと思っています。

iPhoneのバッテリーの残量が最大容量の80%以下になると、他の条件を満たせば、無償でバッテリーを交換できます。

iPhoneのバッテリーの無償交換サービスを受ける条件:

  1. iPhoneのバッテリー残量が80%以下になっている
  2. Apple Care +に加入している
  3. 本体に損傷がなくて改造行為がない

上記の3つの条件を満たすことができれば、無償のバッテリー交換を申し込むことができます。

iPhoneのバッテリーの修復オプションが2つあります。

1つは持ち込み修理です。このオプションを選択する場合、iPhoneを近くの Apple Storeまたは Apple正規サービスプロバイダにご予約の上、修理の必要なiPhoneを直接に持ち込む必要があります。

もう1つは、配送修理です。この修理オプションを選択すると、ストアに足を運ぶ必要がありませんが、あらかじめ公式サイト、またはコールセンターから予約する必要があります。予約が終わると、 Apple指定の配送業者は私たちのiPhoneを引き取りに来るので、修理が必要なiPhoneを直接に配達員に渡すだけになります。

関連記事:iPhone のバッテリーと電源の修理| Appleサポートセンター

iPhoneでバッテリーの情報を確認する方法

それでは、iPhoneでバッテリーの情報を確認するには、どうしたらいいですか?次のステップバイステップのガイダンスを参照して、iPhoneのバッテリー状態、充電回数、最大容量、現在の残量などの情報を確認しましょう。

1. iPhoneのバッテリー状態を確認する

iPhoneでは、バッテリーの状態を確認するユーティリティを提供しているので、こちらのユーティリティを使えば、簡単にバッテリー状態を確認することができます。

ステップ1. iPhoneで設定を開きます。

ステップ2. バッテリー」→「バッテリーの状態」の順にタップします。

iphone設定のバッテリー状態

ご案内:バッテリー充電の最適化」をオンにすると、iPhoneは、日常の充電習慣を学習し、次にこのiPhoneをバッテリーで使い始める直前まで80%を超える充電を保留することでバッテリーの劣化を軽減することができると言われています。

2. バッテリーの充電回数、最大容量及び残量を確認する

ただし、iPhoneの設定アプリでは、バッテリーの状態のみを確認することができます。バッテリーの充電回数、最大容量及び現在の残量などの情報をさらに確認するには、iPhoneの「解析データ」を介して確認することができます。

ステップ1. iPhoneで設定を開きます。

ステップ2. プライバシー」→「解析及び改善」の順にタップします。

iPhoneの解析及び改善

ステップ3.解析データ」をタップします。

ご案内:解析データ」を初めて利用する場合、すぐに情報を確認することができません。ここで「iPhone解析を共有」をオンにして、明日に生成されたデータからデータを確認することができるようになります。

ステップ4. log-aggregated」から始まるレポートを見つけて開きます。このレポートにiPhoneの最新データをいろいろ保存しています。

解析レポート
  • レポートに「BatteryCycleCount」という値があります。それは、バッテリーの充電回数になります。
充電回数を確認

  • レポートに「design_capacity」という値があります。それは、iPhoneが出荷時の本来の最大容量になります。
iphoneのバッテリーの本来の容量を確認
  • レポートに「nominal_charge_capacity」という値があります。それは、現在のバッテリー残量になります。
バッテリー残量を確認
  • レポートに「MaximumCapacityPercent」という値があります。それは、バッテリー残量が本来の最大容量のどれくらいの割合を表示する項目になります。
バッテリー残量が最大容量の割合

まとめ

以上で、iPhoneのバッテリーの状態は、パフォーマンスに影響を出すだけではなく、オフィシャルの無償バッテリー交換サービスにも繋がっています。本文では、iPhoneのバッテリーの様々な情報を確認する方法をみなさんに紹介しました。本文で紹介するガイドを参照したら、サードパーティのツールが一切いらなくて、iPhoneの本体で非常に詳しいバッテリー情報を確認できます。

iPhoneの使い方に関するおすすめの記事:

iPhoneセキュリティ設定:セキュリティに関する裏技をご紹介

iPhoneのSafariをフルコントロールする裏技

iPhoneカメラの裏技:iPhoneのカメラを使いこなす

iOS 16のベータ版にアップグレードする方法

トラブルシューティング:iPhoneで「Apple IDがロックされています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です