いち早く利用したい|iOS 16のベータ版にアップグレードする方法

iOS16の公開日

2022年8月22日更新:最新の情報によりますと、iOS 16の開発は全て完了されました。iOS 16の公開日はアメリカ時間の2022年の9月7日(日本時間の9月8日の夜中)になります。いち早くiOS 16で役立つ新機能を確認するには、下記の関連記事をチェックしてください。

関連記事:まとめ:iOS 16(Beta)役立つ新機能を11選!

2022年6月7日更新:WWDC2022が開かれた後、現在、iOS 16の開発者向けベータ版が利用可能になりました。それでは、本文の内容を参照して、iOS16のプロファイルをインストールして、ベータ版にいち早くアップグレードしましょう。

iOS16のベータ版が利用可能に

最近、Apple社が確認しましたね。今年のApple開発者会議であるWWDC 2022は、6月7日に開始します。今回の大会の目的として、Apple社の最新のソフトウェア及びテクノロジーを開発者に展示することになると思います。慣例として、iOS16とiPadOS16もこの会議で披露されます。

ios 16

iOS 16/ iPadOS 16の基本情報

Apple製品に詳しい方はわかっていると思いますね。iOSとiPadOSは元々同じなOSとして捉えられていますが、近年、iPadという製品の目標をもっとはっきりするために、iOSとiPadOSを別々で運営されています。それにもかかわらず、iOSとiPadOSは同じなフレームワークに基づいて開発されています。現時点では、依然としてiOSとiPadOSを同じOSとして捉えることも可能です。しかし、多くの専門家は、iPadにmacOSもインストールされることも期待されていますが、iPadの未来はどうなるかはまだ明らかにしていません。

今までの情報をまとめてみると、iOS16の基本情報を大体わかっていると思います。毎年の9/10月前後、新しいバージョンのiOSは、iPhoneの新モデルと一緒にリリースされます。

以前バージョンのiOSのリリース日

  • iOS1はいつー2007年6月
  • iOS2はいつー2008年7月
  • iOS3はいつー2009年6月
  • iOS4はいつー2010年6月
  • iOS5はいつー2011年11月
  • iOS6はいつー2012年9月
  • iOS7はいつー2013年9月
  • iOS8はいつー2014年9月
  • iOS9はいつー2015年9月
  • iOS10はいつー2016年9月
  • iOS11はいつー2017年9月
  • iOS12はいつー2018年9月
  • iOS13はいつー2019年9月
  • iOS14はいつー2020年9月
  • iOS15はいつー2021年9月

以上の情報に基づいて、iOS16が正式にリリースされる時間は、今年の9月になると予想できますね。

iOS 16/ iPadOS 16の対応機種

毎年、新しいiOSがリリースされる前に、iOSの対応機種は非常に注目されていることです。アンドロードの端末と比べて、新しいOSが対応出来る古い機種の幅が広いということは、iPhoneのメリットの1つだと考えらています。それでは、今年のiOS 16の対応機種はなんですか?iOS 16が正式にリリースされていないため、本文の内容は、あくまで予想になります。

iOS 15は、初代のiPhone SEとiPhone 6Sをサポートしましたが、残念ながら、iOS16は、iPhone SEとiPhone 6S及び7シリーズを捨てました。iOS 16の対応機種は、iPhone 8とiPhone SE 2及びそれ以降のモデルになると思います。

具体的なiOS16の対応機種は次のとおりです。

また、iPadOS 16の対応機種といえば、iPad mini(第4世代)、iPad Air(第2世代)、iPad Pro(2015年モデル)、iPad(第5世代)になると予測しています。

iOS16/iPadOS16の新機能

今までのニュースに基づき、iOS16の新機能で最も期待されているのは、Apple Watch及びアンドロードで活躍したAlways-On-Displayは、iOS16経由で新しいiPhoneモデルで実現されることです。このAlways-On-Displayは、実際にiPhone 13 Pro ラインナップで既に備えており、ハードウェア側で既にサポートされていますが、Appleは電池の消費量などを考慮して、最終にはこの機能を諦めてしまいました。

iPhoneのAlways-On-Display機能
iPhoneのAlways-On-Display機能

また、次の新機能もユーザーにかなり期待されています。

  • ARやVRについての進化
  • 集中モードの強化
  • ヘルスケアに関する機能
  • ロック画面でアプリアイコンのカスタマイズ
  • コントロールセンター及びウェジェットの再デザイン

2022年6月7日更新:今年のWWDCでiOS 16に関する情報もかなり披露されました。iOS16で最も注目されている機能として、ロック画面の進化でさすが意外なことになりますね。生まれ変わったロック画面として、全く新しい方法でロック画面をカスタマイズできます。お気に入りの写真を表示したり、フォントスタイルを変えたり。一連のウィジェットを映し出して、一目で情報をチェックすることができるようになりました。

iOS16のロック画面
生まれ変わったiOS16のロック画面

また、iOS 16では、集中モード、写真アプリ、メッセージ、メール、Mailとパスキー、知能、音声入力、マップ、Apple Payとウォレット、ホーム、健康とフィットネスアプリ、ファミリ共有、CarPlay、プライバシーとセキュリティ、アクセシビリティなどの機能にも進化が見られると言っています。

詳しい情報は、Appleの公式サイトまで:iOS 16 プレビュー – Apple(日本)

iOS 16/ iPadOS 16のベベータ版にアップグレードする方法

常に、新しいiOSが9月に正式にリリースされると、iPhone/iPadの設定アプリから、簡単にアップグレードして利用することができます。俺のような電子機器愛好家は、もちろん我慢できず、いち早くアップグレードして利用したいと思いっていますよね。

それでは、iOS16/iPadOS 16のベータ版をインストールするには、どうしたらいいですか?本文では、最も簡単な方法で構成プロファイルを使って、iOS16のベータ版をインストールすることになると思います。この方法でiOS16のベータ版にアップグレードするには、サードパーティをダウンロードする必要もなく、iPhoneの設定アプリで直接にアップグレードすることができます。

それでは、次は、ibeta.meというサイト経由で、構成プロファイルをインストールして、iOS16のベータ版にアップグレードする方法をみなさんに紹介します。

ステップ1. iPhoneのSafariでhttps://www.betahub.cn/ を入力してibetaのサイトにアクセスします。右上の地球儀のアイコンをクリックして、言語を日本語に変更できます。

iOSベータの構成プロファイルのサイトにアクセス

ステップ2.「トレンド/热门尝鲜」のところで、iOS開発者ベータ版を見つけて、「ダウンロード/即可尝鲜」ボタンをクリックすると、構成プロファイルのインストールページにアクセスします。

iOSベータのインストールページ

ステップ3.当該ページで「インストール/立即安装」ボタンをクリックして、「このWebサイトは構成プロファイルをダウンロードしようとしています。許可しますか?」という提示メッセージが表示されます。ここで「許可」をタップします。

構成プロファイルのダウンロードを許可

ステップ4.構成プロファイルのダウンロードを許可すると、iPhoneの「設定」→ 「一般」→ 「VPNとデバイス管理」の順にタップします。

VPNとデバイス管理を開き

ステップ5.構成プロファイルでダウンロードした項目をタップして、右上の「インストール」をタップします。

構成プロファイルをインストール

ご案内:ここで「ダウンロード済みのプロファイルを削除」をクリックすると、構成プロファイルを削除することができます。そうすると、iPhoneがベータ版の更新プロタムを検索できないようにすることができます。

ステップ6.ここで承諾のページが表示されます。続けるには、右上の「インストール」をタップして、表示される確認メニューで「インストール」をタップします。

構成プロファイルのインストールを確認

ステップ7.ここでiPhoneのパスワードが求められます。パスワードを入力して、構成プロファイルをインストールします。そして、「再起動が必要です」という提示メッセージがあります、ここで「再起動」をタップします。

端末を再起動

ステップ8.iPhoneが再起動されると、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でiOS16のベータ版が検出できるようになります。ここで「ダウンロードしてインストール」をタップして、iOS16のベータ版をインストールすることができます。

ソフトウェア・アップデートでベータ版にアップグレード

まとめ

ここで構成プロファイルをiPhoneにインストールして、iOS16のベータ版にアップグレードする方法をみなさんに紹介しました。この方法を参照すると、何のサードパーティのプログラムが必要としていませんので、非常に簡単な対策です。また、iOS 16だけではなく、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSなどの開発者向けのベータ版をいち早く体験していみたい場合、このサイトでいつでも最新のベータ版の構成プロファイルを見つけることができます。

それゆえ、iOS 16のベータ版が公開される限り、すぐこのサイトにアクセスして、構成プロファイルを取得して、アップデータをしましょう!

免責事項

iOS16およびそのほかのOSのベータ版は、あくまでも開発者向けのバージョンです。これらのバージョンには、バグが多すぎて、日常の使用を邪魔することもよくあります。また、ベータ版アップグレード中に、何らかの障害が一切発生しないことも保証できませんので、全部自己責任でベータ版をインストールするかどうかを決めてください。

最後にお勧めしたい記事:

iPhoneカメラの裏技:iPhoneのカメラを使いこなす

2022最新:iPhoneのSafariをフルコントロールする裏技

iPhoneカメラの裏技:iPhoneのカメラを使いこなす

One thought on “いち早く利用したい|iOS 16のベータ版にアップグレードする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です