最善策:iPhoneの突然死・クラッシュ問題を自分で直す

非常にスムーズなOS実行速度のおかげで、iPhoneは多くのユーザーに愛用されています。しかし、日常使用の中に、自分の誤操作などの原因で、iPhoneの画面が真っ白になったり、OSがクラッシュしたりする問題も頻繁に発生しています。このようなエラーが発生すると、iPhoneが再起動することもできなくなります。本当にまずいですね。でも、そんなに慌てる必要がありません。本文では、iPhoneの突然死・クラッシュ・起動できない問題を自分でも簡単に直せる最善策をみなさんに紹介します。

iPhoneの突然死・クラッシュ問題が発生する原因

対策を解説する前に、なぜかiPhoneが突然死・クラッシュ問題に陥るのかという原因をみなさんに紹介します。iPhoneの突然死・クラッシュ問題の原因といえば、主に下記の方面から考えるべきだと思います:

1.メモリ問題

iPhoneが正常に起動・利用するには、一定量のメモリの空き容量が必要となります。それゆえ、もしiPhoneのメモリはすでにギリギリになった場合、iPhoneの突然死・クラッシュ問題が頻繁に発生します。非常に限られたiPhoneのストレージから、常に不要データをクリーンアップする必要があります。また、iCloud 、iTunesのバックアップ機能を活用することもiPhoneのメモリを節約できる対処法だと思いますね。。。

2.バッテリー問題

iPhoneのバッテリーは、他のハードウェア部品と同じように、経年劣化が起きます。長時間も続けて使用してきたiPhoneのバッテリーは、その最大容量が非常に小さくなってきました。それは、以前は1日も使えるけど、今はただ2時間しか使えない原因ですね。iPhoneのバッテリーが経年劣化すると、電力供給が足りなくなるので、iPhoneの突然死・クラッシュ問題に繋がります。

修復アドバイス:iPhoneのバッテリーに問題がある場合、自分で修復することができません。Apple公式のiPhoneのバッテリーサービスを利用してください。このサービスを利用すると、Apple社はお使いのiPhoneのバッテリーを徹底的に検査して、保証期間内なら無料で交換してくれます。

iphoneのバッテリーサービス

3.ソフトウェア障害

iPhoneの突然死・クラッシュ問題が発生する原因といえば、7割以上はこのソフトウェア障害ですね。ソフトウェアの衝突とか、ウィルスへの感染とか、iOSのシステムファイルの破損とか、アップデート中のエラーなども突然死・クラッシュ問題を引き起こしますね。これらの障害は全部ソフトウェア障害に属しています。

4.ハードウェア障害

iPhoneの水没・過熱化などによって物理障害が発生します。これは、基盤などの高密度、高精度の部品を壊す可能性があります。このような場合、iPhoneが突然死して、再起動することができなくなります。

修復アドバイス:ハードウェア障害も自分で修復できません。ハードウェア障害が発生すると、Apple公式のiPhoneの修理サービスを利用することがおすすめです。Apple Care+プランに加入している場合、保証期間内に無料で修理したり、新製品に交換したりしてくれます。

iPhoneの修理サービス

それでは、iPhoneの突然死・クラッシュ問題が発生したら、どう対処すればういですか?

無料対策:iPhoneの突然死・クラッシュ問題を修復

バッテリーや他のハードウェア障害の原因でiPhoneが突然死・クラッシュしてしまった場合は、Apple公式の修理サービスしか利用できませんが、その他の原因によって引き起こされる場合は自分で簡単に直せます。

ネットで検索すると、このようなエラーを修復するツールをたくさん見つけることができますが、実際には、iTunesという無料で純正ツールを使えば、iPhoneのOSを一新して完璧に突然死・クラッシュ・起動できない問題を修復できます。

それでは、次の内容を読み続けてください。

1.事前準備リスト

  • 修復したいiPhone
  • インターネットにちゃんと接続しているパソコン
  • iPhoneのケーブル
  • iPhoneのファームウェア
  • 最新バージョンのiTunes

それでは、下記のマニュアルを参照して、必要なものをダウンロードしたり、インストールしたりしましょう。

ステップ1. 下記のダウンロードリンクから、最新バージョンのiTunesをダウンロードしてインストールします。

https://support.apple.com/ja-jp/HT210384

iTunesの最新バージョンをダウンロード

注:MacパソコンにはiTunesがプリーインストールされているので、MacのFInderで見つけることができて、手動でインストールする必要がありません。

ステップ2.https://ipsw.me/というサイトから最新のiOSバージョンをダウンロードします。

iPhoneのファームウェアをダウンロード

ご案内:上記のサイトにアクセスして、製品の種類とモデルを選択すると、現在利用可能なiOSバージョンが表示されます。それをクリックして、ファームウェアをダウンロードすることができます。

2.iPhoneの突然死・クラッシュ問題を修復する詳細方法

クイック修復:iPhoneを強制的に再起動する

iPhoneの突然死・クラッシュ問題が発生する場合、一番先に試してみる修復対策は、強制的再起動です。強制的に再起動することは、iPhoneが反応しない・iPhoneをオフにしてから電源を入れることができない場合に役に立ちます。

iPhone 8/ SE2以降のモデルを強制的再起動する方法:音量を上げるボタンを押して素早く放し、音量を下げるボタンを押して素早く放してから、サイドボタンを押さえたままにします。Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します。

iPhone8及びそれ以降のモデルを強制再起動する

iPhone 7/ 7 PLUSを強制的再起動する方法:音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンの両方を同時に押さえたままにします。Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを放します。

iPhone7/7Plusを強制的に再起動する

iPhone 6S及びそれ以前のモデルを強制的再起動する方法:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンの両方を同時に押さえたままにします。Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを放します。

iPhone6S及びそれ以前モデルの強制再起動する

それでは、上記のものを用意した上、次のいずれかの対策を参照して、iPhoneの突然死・クラッシュ問題を修復してみましょう。

ご注意:次のいずれかの対策もiPhoneのデータを抹消します。iTunesを使ってバックアップをまだ取れる場合、データの損失を避けるため、バックアップを取ってください。

方法1. 正常に起動できるiPhone:iTunesでiPhoneを復元

もしiPhoneが正常に起動できる場合、iTunesを使って、iPhoneを復元すれば、問題が解決されます。詳細な操作手順は次のようになります。

ステップ1. USBケーブル経由で、iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ2. iPhoneを成功にパソコンに接続すると、iPhoneの画面で「このコンピューターを信頼しますか?」という提示メッセージが表示されます。ここで、「信頼」をタップします。

iPhoneをコンピューターを信頼

ステップ3. iTunesを開き、iPhoneの概要画面でSHIFTキーを押しながら、「復元」をクリックします。

iTunesのiPhone概要で復元をクリック

ステップ4. ここで先にダウンロードしたファームウェアファイルを選択して、iPhoneの復元を開始します。

方法2. リカバリーモード/ DFUモードでiPhoneを復元

iPhone画面ロックのパスワードを忘れたり、iPhoneが正常に起動できなくなったりする場合、リカバリーモード若しくはDFUモードでiPhoneを復元することができます。

リカバリーモード:iPhoneがリカバリーモードに入ると、画面上にiTunesのアイコン及びケーブルの画像が表示されます。iPhoneが何回も正確に起動できない場合、常にこのリカバリーモードに入ります。

iPhoneのリカバリーモード

DFUモード:Development Firmware Upgradeの略称で、開発者向け強制的なアップグレードモードを指します。このモードに入ると、画面が真っ黒になります。このモードに入っているかどうかを確認するには、iPhoneをパソコンに接続する必要があります。

iPhone 6S及びそれ以前の機種:ステップ1. iPhoneが起動の状態、またはリカバリーモードの状態を維持して、ケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。そして、iTunesを開きます。ステップ2.ホームボタンをまず押し続けます。そして、ホームボタンを押したままで、電源ボタンを押し続けます。iPhoneの画面が消えた後の4秒後に電源ボタンを離しますが、ホームボタンをiTunesがDFUモードを提示するまで押し続けます。
iPhone 7/ 7P:ステップ1. iPhoneが起動の状態、またはリカバリーモードの状態を維持して、ケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。そして、iTunesを開きます。ステップ2. 音量を下げるボタンをまず押し続けます。そして、音量を下げるボタンを押したままで、電源ボタンを押し続けます。iPhoneの画面が消えた後の4秒後に電源ボタンを離しますが、音量を下げるボタンをiTunesがDFUモードを提示するまで押し続けます。
iPhone 8及びそれ以降の機種:ステップ1. iPhoneが起動の状態、またはリカバリーモードの状態を維持して、ケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。そして、iTunesを開きます。ステップ2.音量を上げるボタンを押してすぐ離します。音量を下げるボタンを押してすぐ離します。そして、電源ボタンを押し続けます。ステップ3.画面が消えた時に電源ボタンを離して、すぐ電源ボタン音量を下げるボタンを同時に5秒間続押し続けます。そして、電源ボタンを離しますが、音量を下げるボタンをiTunesがDFUモードを提示するまで押し続けます。
各iOS端末のDFUモードへの入り方

上記の操作手順を参照して、iPhoneがリカバリーモードかDFUモードに入ると、「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」という警告メッセージが表示されます。ここで、SHIFTキーを押しながら、「復元」をクリックして、先にダウンロードしたファームウェアファイルを選択して、復元プロセスを開始します。

復元プロセスが終わると、iPhoneを正常に起動して利用することができるようになります。

まとめ

ここでApple社が無料で提供してくれる純正ツールを使って、iPhoneの突然死・クラッシュ問題を修復する方法をみなさんに紹介しました。iPhoneが突然死したり、クラッシュしたり、起動できなくなった場合、本文の対策を参照して、無料で修復することができます。また、もしハードウェア側に問題がある場合、直ちにAppleのサポートチームに問い合わせて、サポートを受けることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です